40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

空売りではなく熊(ベア)を買う 日経平均大暴落は近い!?下げ相場でも稼ぐにはどうすれば?後編

 

損益概算(前日比)

優待系は-5000円。

 

相場

またもや良い調整。短期で狙っているものは水曜あたりに買えそうな予感。 

 

雑談

空売りは買いよりも怖く、手数料とは別に貸株料(かしかぶりょう)や逆日歩(ぎゃくひぶ)という別の費用がかかる場合もある。

 

「なんだかよく分からないけど、とにかく怖そうだし、聞いたことない費用もかかるからいやだなー。もう少し分かりやすくて、リスクが低いものは何かないのか?」 

 

そう思う気持ちよく分かる。

 

下げ相場で儲ける方法というのは、実は空売り以外にもいくつかある。

 

例えばプットを買うとか・・・。

 

「???」

 

あー、この話は分かりにくいだらけで、口座開設とは別の契約も必要になり、かつ、またもや何だか訳分からない費用も証券会社に搾取されるので、やめましょう。

 

「普通に株を買うように簡単で、かつ費用もかからないものはないのかよ!」

 

あるんです!くぅー、なんとあるんです!

 

個別銘柄ではできず、日経平均を売りたい場合に限るが。 

 

日経平均ベア(1580)を買う。

 

値動きが少し物足りないという人は日経平均ベア2倍(1360)を買う。

 

手数料すら払いたくないという人は、楽天証券で口座開設して、楽天225ダブルベア(1459)を買う(手数料ゼロ)。

 

勉強・経験のために、少額でもいいから買ってみてはどうか。

 

補足として、これらは「下げ相場で利益を得る」ということ以外でも使える。

 

それは。

 

【リスクヘッジ】

 

例えば、今持っているいくつかの銘柄はとても思い入れがあり、どうしても売りたくないとする。

 

日経平均が下げてきた。これからさらに下がってきそう。ただ、思い入れのあるこの持ち株たちは絶対に売りたくない。

 

そんなとき、ベアを買っておく。

 

日経平均が下がり、個別銘柄も足並み揃えて下がって損をしたとしても、ベアの方では儲かるので、利益と損失を相殺できるというわけだ。

 

分かりやすくするため、極端に説明した部分もあるが、余計な手間をかけず余分な費用もかけずに、下げ相場で利益を出したいというのであれば、選択肢の一つとして頭に入れておいて損はないだろう。

 

www.shore-blue.com