40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

「派手に やれ!!」という心の声に従ってバイオ銘柄のみを買いまくった2013年

 

f:id:shoreblue:20190721064541j:plain

 

株損益概算(前日比)

クリエイトSDHは+2.7万。

 

新日本製薬は-3000円。

 

株式相場

日経平均株価だけが先物主導で少しずつ上げていくという、いつもの展開きてるんじゃないかな。個別銘柄には全然恩恵ないやつ。

  

雑談

株を買うとき、注文を入れるときというのは、今でも軽く緊張する。

 

本当にこの銘柄でいいのか、本当にこの数量買っていいのか、本当にこのタイミングでいいのかと。

 

注文ボタンを押すギリギリまで、自問自答する。

 

何度も何度も心の声を確認しながら、冷静にかつ慎重に。

 

サラリーマン投資家は、デイトレーダーように瞬時の判断はいらない

 

心の声にじっくり耳を傾け、銘柄数・株数・タイミングを判断すること。 

 

さて、この心の声からの指示、最近の相場では圧倒的に弱気。

 

銘柄数・株数ともに少なく、正直つまらない。

 

まあ、確かにこの相場状況では無理もないのだが。

 

心の声が超強気だったのはいつ頃だったろうか。

 

場が始まるのが楽しみで楽しみで、しょうがないくらいの。

 

どれだけ高いところで利益確定できるか、それしか頭になかった頃。

 

思い返してみると。

 

6年前の2013年。

 

バイオ銘柄中心に、新興市場が大いに盛り上がった年。

 

ナノキャリアを筆頭に、そーせい、ペプチドリーム、カイオム、ジーンテクノサイエンス、メディネット、ジャパンティッシュなど。

 

そんな年のある日の前夜、ダウが大暴騰。

 

こうなれば、日本市場が下がる要素なんて、一つも見当たらない。

 

朝一の買い注文前、いつものように自問自答していると。

 

なんと、いつもの心の声の主とは違う人物の声が。

 

その声は、私の心の中のトップというか。

 

代表というか。

 

ボスというか。

 

団長が・・・。

 

イケイケ相場なんだから「大暴れしてこい」と。

 

つまり、今ある投資金額全てぶち込んで買えと指示してきたわけだね。

 

しかも。

 

珍しく暴れ方に条件を付けてきたね。

 

あるセリフを発して。

 

意味としては、勢いのある銘柄だけを買いまくれということだ。

 

団長の指示は絶対というのがルール。

 

その指示通り、動いた。

 

結果、爆益。

 

さすが団長。

 

では、その暴れ方に条件を付けてきたあるセリフとは。

 

「派手に やれ!!」 

 

f:id:shoreblue:20190721064857j:plain