40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

【会社への不満と上司への怒り】自分が何も言わねば平穏ならば是が非でも気持ちを抑える

 

損益概算(前日比)

優待系はほぼ変わらず。

 

相場

ちょっと下げすぎだけど、このあたりで踏ん張れれば。

 

雑談

「とにかくやることが多すぎなんだよー」

 

「残業するなって言っておいて、何で仕事バンバン頼むかな」

 

「期日までに終わんねえってば」

 

「あんたら、上から見てるだけじゃなくて、なんかやれ。手伝ってくれよ」

 

「まずは人雇ってくださいよー」

 

「あー、なんかむかつく」

 

「この会社の方針転換は何!一体何なの」

 

と、こんなことをいっそ、上司にバシッと言ってしまいたいという人は多いだろう。

 

結論。それが突発的な感情であるならば、やめておこう。

 

基本的なスタンスとして心にとめておくことは。

 

・長いものには巻かれろ。

 

・反発してもほぼ意味なし。疲れるだけ。 

 

・怒りをぶつけた、暴言をはいた後の爽快感はあるが、そんなものはただの一瞬。そこから永遠と続く、不安感とモヤモヤした気持ちといったら。

 

どうしても不満・怒りの気持ちがおさまらない場合はこれらを試す。

  

怒りを文字に変える


思っている言葉を、ワード、エクセル、メールの下書き、自分の好きなツールに打ち込んでみる。上司に言いたいことをそのまま。暴言でもいい。

 

すると。

 

やっべぇ。こんな暴言、直接言ったら、まじやっべぇー。部長、顔真っ赤にして、声いつもよりでかくなって、絶対すごい返ししてくるわ。

 

とか想像し、これが意外と落ち着く。多少なりとも冷静になれるから。

 

自分の心の中にしまっておかないで、文字に換えたり、声に出してみる。

 

◇暴言をはいて、今の平穏な日常が壊れてしまった後のことを想像する。加えて奥さんと子供の顔を思い浮かべる。

 

ここで一つ問題を。

 

無くしてみて、失ってみて、その大事さが分かるもの、身にしみるものと言えば何でしょう? 

 

 

彼女彼氏奥さん旦那。または健康。とパッと頭に浮かぶはず。

 

もう一つある。

 

 

正解は

 

 

 

「日々の普通の生活」

 

こんな時代に、仕事があって、毎月必ずお金がもらえて、家帰ったら家族がいる普通の生活がどれだけ幸せなことか。

 

この生活が上司への一言によって、いや、言い換えれば自分のストレス発散のための上司への一言によって、壊れてしまうのは悲しすぎる。

 

自分が何も言わなければ、平穏に過ごせるのならば、何が何でも気持ちを抑えた方が自分も家族も幸せだろう。