40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

「これだけ大暴落したんだから間違いなくリバウンドするだろ!」って まだこれだけという見方も

 

f:id:shoreblue:20200315120137j:plain

 

株損益概算(前日比)

日経平均ベア2倍は-8.2万。

 

楽天225ダブルベアは大きく変わらず。

 

日経ダブルインバースは-2.5万。

 

株式相場

何となく下げ止まったように見えなくもないけど・・。

  

雑談

コロナウィルスショック凄まじい。

 

歴史的な暴落連発。

 

しかし、この暴落の大きさがゆえに。

 

今なお、攻めの姿勢を崩さない投資家は、ブログやツイッターでこんな声をあげる。 

 

「これだけ大暴落したんだから、間違いなくリバウンドするだろ!今、買いまくっておけばウハウハだ!」

 

本当に!?

 

それでは。

 

日経平均チャートは見飽きた人も多いはずなので、ここでは、アメリカダウのチャート(先週末までの)を。 

 

f:id:shoreblue:20200315130153p:plain

 

改めて見てみると、やはりとんでもない。

 

1ヶ月も経たない内に、マイナス8000ドルの急降下。

 

確かに、これだけ短期間に下がれば、リバウンドも十分期待できる。

 

ならば、やはり今は、アメリカ株にしろ日本株にしろ絶好の買い場に違いない!

 

では、続いて、こちらのチャートを。

 

f:id:shoreblue:20200315130346p:plain

 

ん?

 

大して下げていないような。

 

というよりも、もう一段階、下へ向いたら、もっと下がっていっても全然おかしくないような。

 

さて。

 

1つ目が日足チャートで、2つ目が月足チャート(先週末までの)。

 

とても単純な話だが、この見方を頭に入れておくかおかないかで、戦い方が全く異なってくる。

 

・これだけ大暴落したんだから間違いなくリバウンドするはず!今は絶好の買い場だ!

 

・まだまだ下げる可能性があるんだから、今は買い場のわけがない!

 

ちなみに。

 

もう1つ、見方があって。

 

2つ目の月足チャートをよく見ると。

 

上昇相場の流れで発生する、綺麗な押し目タイミング!

 

ってことは、やはり、今は絶好の買い場だ!

  

つまり、多数決ならば2対1で、やっぱり絶好の買い場だ! 

 

本当に!?