40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

コロナウィルス相場終息の買い場は一体いつなんだ!? 「お金」ではなく「人」が回り始めたその瞬間

 

f:id:shoreblue:20200315072155p:plain

 

株損益概算(前日比)

日経平均ベア2倍は+38万。

 

楽天225ダブルベアは+7万。

 

日経ダブルインバースは+11万。

 

株式相場

朝から昼から大きな動きがあったが、結果「安定」は見えてこない。 

 

そうだろう、結局「お金」しか回してないんだから。

  

雑談

新型コロナウィルスにより、株式相場はいまだ大荒れ。

 

損切りや含み損で苦しい、精神的にツライ、という声が溢れている。

 

もちろん私もガッツリ損切したけど⤵

 

では、この新型コロナウィルス相場が終息する、株の買い場というのは一体いつなんだ!?

 

間違いない「買い場」と言われれば、おそらくある瞬間のみ。

 

それは。

 

トランプ大統領が、市場に何兆円の資金供給を要請したときではなく。

 

FRBが1%の緊急利下げをしたときでもなく。

 

日銀の黒田総裁が得意のバズーカで、過去に例を見ない金融緩和をしたときでもなく。

 

例えば、ETF買い入れ枠を今までの倍の12兆円にしたときでもなくて。

 

大幅な利下げをしたときでもなく。

 

消費税減税、はたまた廃止をしたときでもない。

 

これらは、間違いないという「買い場」には、ならない。

 

なぜか?

 

結局、お金を無理やり、回しまくったところで限界があるから。

 

回すべきはお金じゃない。

 

回すべきは「人」。

 

人が動かなければ、何も始まらない。

 

人が集まらなければ、どうしようもない。

 

分かりやすく、身近なところでいえば。

 

飲食店、宿泊施設、劇場、スタジアムなど、街に人を呼ばないと。

 

超一流の能力を持った経営者、野球選手、Jリーガー、歌手、俳優であっても、そんな方々でさえ、人が集まらなかったら、生活できなくなってしまうわけで。 

 

今、きっと世界の偉い人たちが、何とか人を回そうと動いているはず。

 

その兆しが見えたところが、買い場になるだろう。

 

投資家はその瞬間を見逃さないようにしないと。

 

ただし。

 

それは、本当に瞬間的な買い場で、大幅上昇後すぐに大幅下落という可能性も高い。

 

なぜなら。

 

アメリカも日本も、コロナウィルスをキッカケに、景気後退局面に入っているかもしれないから。

 

右肩上がり相場が既に終息しているかもしれないから。