40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

コロナショックで株価大暴落 「退場しちゃうよ!耐えられない!きつい!」 リーマンショックを踏まえた戦い方を

 

f:id:shoreblue:20200229052610p:plain

 

株損益概算(前日比)

日経平均ベア2倍は+10万。 

 

楽天225ダブルベアは+4.7万。

 

新規で、日経平均ベア2倍を後場寄り(2691円)で350株追加買い。

 

株式相場

普通に考えれば下げる状況だが、はたして月曜はどうなるのか。 

  

雑談

コロナウィルスショックにより、アメリカ・日本とも株式相場は大荒れ。

 

ネットを覗けば、買いの方も売りの方も「退場するー、死にそう、キツイ、しんどい、もう株やめる」という声が山ほど。

 

もちろん私も被害大で、既に45万の損切りしてるし。

 

ずっと、何とかショックに気を付けていたのに、これだよ⤵

 

あー、あー。

  

しんどいが、負けっぱなしではいられないので、何とか取り返す方法を考えなければ。

 

ということで。

 

これからの戦い方を、リーマンショックを踏まえ、簡潔すぎるくらい簡潔にまとめると。

 

2020年2月のコロナウィルスショック以前、約12年の上昇相場により、投資家の体に染みついてしまった4つの意識。

 

・押し目買いをすれば、最終的に儲かる


・ナンピン買いをすれば、最終的に儲かる

 

・信用枠マックスで勝負すれば、最終的にリターンが大きい

 

・持ち続けていれば、最終的に助かる

 

コロナウィルスをきっかけに、上昇相場から下落相場に転換したかどうかは分からないが、転換も視野に入れながら戦う必要があるのかもしれない。

 

ならば「上昇相場の意識」を変えなければいけない。

 

しかし、そんなことを一切考えない投資家は、今までと同じ意識のまま戦う。

 

例えば、こんな感じに。

 

・1回目の大暴落

 

全くびびらない。余裕余裕。冷静に押し目買い。


・2回目の大暴落

 

まだまだ。よっしゃーさらに安く買える、待ってましたと言わんばかりにナンピン買い。

 

・3回目の大暴落

 

えっ!もう1回来るか!まあまあ。さらなるナンピン買い発動。頼むよ。そろそろ信用余力がね。


・ジリジリ下げ

 

ナンピン買いを重ね、ついにファイナルナンピン。

 

・さらにジリジリ下げ継続

 

勘弁してくれ。この段階で損切りなんてできるわけない。

 

・まだまだジリジリ下げ継続

 

もう無理・・・。

 

・今まで見たことのない規模の大暴落

 

・・・。

 

 

さて。

 

12年前、2008年9月のリーマンショックのときに、投資家たちが退場していった直接の原因は「大暴落」ではないと言われている。

 

直接の原因は、大暴落後の断続した細かい下げに、何度も何度も何度も買い向かっていったから。

 

なぜ、そんな状況でわざわざ買い向かったかって?

 

「上昇相場意識」のままだったから。

 

・押し目買いをすれば、最終的に儲かる

 

→結果的に押し目なんて一つもなかった。


・ナンピン買いをすれば、最終的に儲かる

 

→何度ナンピンしても下がり続けた。

 

・信用枠マックスで勝負すれば、最終的にリターンが大きい

 

→いつまで待っても上がらないから、ついに余力がなくなり、どうしようもなくなった。

 

・持ち続けていれば、最終的に助かる

 

→最終的に助からなかった。そして投資家は・・・。

 

意識を変えるのは、長い株経験をもってしても、なかなか至難の業。

 

しかし、何とか変えようという努力をしなければ、生き残るのは難しいかもしれない。

 

最後に。

 

投資家の中では、知らない人はいないというくらい有名な、イギリスの自然科学者による名言で締める。

 

最も強い者が生き残るのではない。

 

最も賢い者が生き残るのでもない。

 

唯一生き残ることができるのは「変化できる者」である。

 

チャールズ・ダーウィン