40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

業績好調な優良銘柄が何でここまで売られるんだよ!意味が分からない! 太陽がなければ影は伸びない

 

f:id:shoreblue:20181014161911j:plain

 

株損益概算(前日比)

日経平均ベア2倍は+30万。 

 

楽天225ダブルベアは+9.3万。

 

なんか、こんな日にうまくハマってしまって逆に申し訳なく…。

 

株式相場

これからの経済状況を考えたら、上がるなんて想像できない。

 

が、株は理屈じゃないので、明日は全く読めない。 

  

雑談

新型コロナウィルス恐るべしのめちゃくちゃな下げ方。

 

業種も何も関係無しに、全銘柄が売られた。

 

だからこそ、こんな声も聞かれた。

 

「業績好調な優良銘柄なのに何でここまで売られるわけ!?ありえないでしょ!」

 

「この銘柄は下がる理由なんて何も見つからないんだよ!意味分かんねーし!」

 

そう、気持ちはよく分かる。

 

ただ、株というのは、相場全体の雰囲気をもろに受けてしまうもの。

 

日経平均が1000円も下げたら、どんな銘柄を持っていたとしても下がってしまうのは当然。

 

どれだけ業績が良くても。

 

どれだけ将来性があっても。

 

どれだけ好材料があっても。

 

直前に上方修正を発表していたとしたって。

 

結局のところ。

 

日経平均がこうなってしまったら、個別銘柄の内容なんて一切関係ないということ。

 

「太陽」と「影」に例えると、しっくりくるかもしれない。

 

相場全体の雰囲気が太陽。

 

個別銘柄の業績を映し出す株価が影。

 

つまり。

 

影というのは、太陽があってはじめて伸びるもの。

 

太陽がなければ、いくら業績が絶好調であろうが、影は絶対に伸びない。


何が言いたいかといえば。 

 

株をやるときは、個別銘柄動向と合わせて、相場全体の雰囲気もしっかり把握しておかなければいけない。