40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

値動きが激しい新興銘柄と色気ムンムンな年上女性 「遊び」としては最高だが私の手にはおえない

 

f:id:shoreblue:20191117090239p:plain

 

株損益概算(前日比)

持ち株無し中。 

 

株式相場

まだまだ強い。 んー、買いたいのはあるが、難しいところ。

  

雑談

株を長くやっていると、買う銘柄について自分なりのルールのようなものができてくる。

 

こっち系の銘柄を買うときは、大体勝てる、値動きが読みやすくて好き、相性もいい。だから、こっち系をこれから買っていこう。

 

あっち系の銘柄買うときは、大体負ける、この値動き大キライ、相性が悪い。だから、あっち系の銘柄はもう今後一切買わない。

 

何となくの「買う銘柄マイルール」ができていくわけだ。

 

だが、ときに。

 

「買う銘柄マイルール」を破ってでも、無性に買いたい!という銘柄が出てくる。

 

例えば、数日前に特大材料が発表されて、今が一番旬の新興銘柄。

 

値動きが激しく、デイトレーダーたちは買って売ってを繰り返し、みんながみんな儲けている銘柄(みんながみんな儲けているように見えてしまう銘柄)。

 

買いたい!

 

おれも参戦したい!

 

どうしても買いたい!

 

いてもたってもいられない!

 

こんなときに、こう思う。

 

「マイルール上、絶対買ってはいけない銘柄なのだが、100株だけならいいだろう」

 

「この値動きなら、今日買って明日には売ってサクッと1万利益出して、終わりだからいいだろう」

 

と、自分に言い聞かせる、いや正当化する。

 

つまり。

 

本気ではなく、あくまで「遊び」として買うというわけだ。

  

そして、買った結果は。

 

はい。

 

損切りで終わる。

 

しかも、新興銘柄だけに、遊びのつもりが相当の被害。

 

失ったお金は意外とでかかった。


はあ、最悪だ・・・。

 

ということで。

 

値動きが激しい新興銘柄は、値動きが激しいだけに100株程度買う「遊び」としては最高の銘柄と言える。

 

だから、「遊び銘柄の扱いが抜群に上手いサラリーマン投資家」であったなら、うまくいったのかもしれない。

 

ただ、遊び下手な私の手にはおえなかった。 

 

そう、それはまるで・・。

 

社会人の頃の彼女。

 

大学生のときから付き合い始めて、まる5年経ったくらいのときか。

 

お互い社会人3年目となると、忙しくなり、学生時代と比べ、会う回数も格段に少なくなった。

 

こんなとき、取引先で知り合った、色気ムンムンの年上女性とチョットいい関係に。

 

彼女がいることは相手にちゃんと伝えている。

 

つまり、言葉は悪いが。

 

本気ではなく、「遊び」として付き合ったわけだ。

 

お互い時間が合うときに会えればいいかなくらいの。

 

ところが、こんな関係を続けていくうちに、向こうがやや本気っぽくなってきた。

 

送られてくるメールの回数が日に日に多くなってきて。

 

「彼女にバレるとまずいから、平日の夜と土日はメールしないでよ」って言っておいたのに、送ってきたし。

 

これはヤバい!

 

別れを切り出した。

 

幸い、何事もなく、無事に別れることができた。

 

ふ~。

 

ただ、失ったものは意外とでかかった。

 

なにせ彼女は色気ムンムンだったわけで、その、あの、夜の・・・。

 

とにかくだ。

 

言葉は少し悪くなってしまうが。

 

色気ムンムンな年上女性は、色気ムンムンなだけに「遊び」としては最高の女性と言える。

 

だから、「女性遊びが抜群に上手いサラリーマン」であったなら、うまくいったのかもしれない。

 

ただ、遊び下手な私の手にはおえなかった。

 

って、何の話をしてたんだっけか。

 

あー、そうだ、そうだ。

 

つまり。

 

遊び下手な私のような普通のサラリーマンが「遊び」で手を出しても、大やけどを負うだけ。

 

だから、絶対に手を出しちゃいけない。

 

「値動きが激しい新興銘柄」と「色気ムンムンな年上女性」だけは。