40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

日本VSポーランド戦 プラスでもないがマイナスでもない絶妙な一言

 

損益概算(前日比)

優待系は-4.7万。

今日の下げではどうしようもない。

 

新規優待系でエフ・シー・シー200株買い。そろそろいいところかと寄りで買ったら、こんなときに大陰線とは。悲しい。

 

相場

なぜここまで売られるのか。米中貿易摩擦とかいうけど、それだけじゃーここまで売られないよなあ。

 

明日の相場は出来高激減のはず。みなさんぐっすりおやすみで。

 

雑談

先週、仕事で飲食店に勤めている方とお話する機会があった。

 

飲食業界に長くいる方だけあって、いろんな知識をお持ちで。

 

私が「あそこの飲み屋、雰囲気とてもいいんですけど、席がね、微妙に隣と近いんですよ。少しでも多くのお客さんを入れるためだと思いますけど、あーいうのってお客さんのこと考えてないですよね」って。

 

その方からの返答。

 

「あー、それ、わざとですね。最初から意図的に席を近めに作った。そうするとお客さんは長居しないで、早めに帰るでしょ」

 

えっ?どういう意味ですか?

 

「回転率上げるために、わざと居心地を悪くさせてるんです。例えば、背もたれがないとか、座りづらいとか、長く座ってるとおしり痛くなるとか。そんなのも一緒です」

 

へぇ。居心地悪いからお客さんは来なくなってしまうという発想ではなく、帰らせて回転率を上げるという発想なんだ。なるほど。

 

「あと、昔は喫煙が当たり前でしたが、その当時だって、ランチタイムは敢えて禁煙にする店もあったんですよ。これって、吸わない人への気遣いじゃないですからね。一服してのんびりされるの防止ですから」

 

そうか~。長く居座るなよ作戦があったわけだ。まんまと戦略にはまっていたのか。

 

「ちなみに、会社はそういうことを従業員にどんな風に伝えてると思います?」

 

どんな風にって。儲けるためにとにかく回転率上げるんだ。だから居心地悪くして、客を早く帰らせろみたいな感じですよね。


「違うんです。会社はそんなマイナスっぽい言い方はしません。言葉ってすごいんですよ。正解は、」

 

「一人でも多くの人にうちの料理を味わってもらい、幸せになってもらいたいから、あえて居心地を悪くするんだ」

 

すげぇ。伝え方の妙義。

 

さて、先週木曜の夜。ワールドカップ日本戦の後、ネットにはいろんな言葉が溢れていた。試合結果を一言で伝える言葉。

 

あのパス回しは大きな財産、素晴らしい作戦、賛否両論ある終盤、最悪な試合、監督批判に集中、戦術としては問題なしとか。

 

私もこの試合のなんかうまい一言ってなんだろうって考えてた。そのときにツイッターで見つけた。

 

うまい!一番しっくりきて、的を得ていた。こういうのがパッと出てくる頭が欲しい。

 

「逃げるは恥だが役に立つ」

 

さあ、4年に一度の睡眠不足を大いに楽しもう。

 

さすがに負けるだろうと思われている試合に、万一勝ったらどれだけの快感か、と思いながら見てみよう。