40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

「パーティーが続く限り全力で踊るさ!出口扉の近くでね」というのが上手いトレーダー

 

f:id:shoreblue:20200217220238j:plain

 

株損益概算(前日比)

アークスは+1.3万。

 

ウエルシアHDは+4万。

 

株式相場

ようやく反発。 

  

雑談

もう1か月近くになるか、世間はコロナウィルスで大変なことになっている。

 

そんな中、株式市場の方はというと。

 

このコロナウィルスのおかげで、と言ってしまうと不謹慎かもしれないが、関連銘柄が大フィーバーして、上手いデイトレーダーはメチャクチャ稼いだはず。

 

例えば、こんな会社を400円台から何度も手がけていたとしたら。

 

【川本産業の日足チャート】

 

f:id:shoreblue:20200218210413p:plain

 

「デイトレしながら最終的にはストップ高で売り抜ける」という、デイトレーダーにとっては最高な展開を何日も味わえたかも。

 

うらやましすぎる。

 

株式相場では年に2、3回、とんでもなく盛大なパーティーが開かれる。

 

過去を振り返れば、バイオパーティー、ゲームパーティー、ポケモンGOパーティーなどなど。

 

今回のコロナパーティーは、2020年を代表するそれに間違いない。

 

上手いデイトレーダーは、その会場で踊りまくり楽しみまくった。

 

そんな人たちを見て、自分も踊りたい、楽しみたいとうらやましく思い、安易な気持ちで参加したサラリーマン投資家は、とんでもない目に合ってしまったかもしれないが。

 

盛大なパーティーはいつもあまりに危険なので、サラリーマン投資家は見るだけにしておいた方がいいかも。

 

さて。

 

そのパーティーも、さすがに終焉が近づいてきたように思える。

 

誰の目にもそれは明らか。

 

だが、しかし。 

 

上手いデイトレーダーは今でもフルパワーで踊りまくってる。

 

なぜか?

 

完全に終わっているわけではないから。

 

ここ以上に盛り上がってる会場が他にないから。

 

稼げるときに稼ぎまくるというのが鉄則だから。

 

とはいえ、何も考えずにフルパワーで踊っているわけではない。

 

いつでも逃げられる準備は万全。

 

彼らの立ち回りはいつもシンプル。

 

パーティーが開かれている限り、最後の最後ギリギリまで全力で踊りまくり、楽しみまくる。

 

ただし、踊る場所だけは決まっている。

 

会場の端っこ、出口扉のすぐ近く。

 

終わりが見えたら、いつでも外に出られるように。

 

一方、下手なデイトレーダーは、ずっと会場のど真ん中で踊り狂ってる。

 

パーティーはそろそろ終わるはずと頭の中で分かっているにもかかわらず、無意識のうちに会場ど真ん中に立ってしまっている。

 

結果、パーティーが終わり、出口に向かおうと思ったところで、もう遅い。

 

大勢の人波にもみくちゃにされ、ボロボロ。

 

下手なデイトレーダーがそんな悲惨な状況に陥っているとき、上手いデイトレーダーは、既に会場を後にしている。

 

彼らは一体どこへ?

 

もちろん。

 

これから開かれるであろう新たな会場に。

 

それは。

 

IPOパーティーなのか、オリンピックパーティーなのか

 

はたまた。

 

パンデミックパーティーなのか。

 

まだ誰にも分からない。