40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

ジェーソンは次の「13日の金曜日」上がる!「令和初にはご祝儀を」と相場が言うのなら

 

f:id:shoreblue:20190731064944p:plain

 

株損益概算(前日比)

狙っていたステムリムを寄りで500株買い。

 

お盆期間楽しませてほしい。

 

株式相場

せっかく相場を日中に見れるから、もう少し盛り上がってほしいところ。

  

雑談

ジェーソン(証券コード:3080)という銘柄がある。

 

2019年6月付け四季報によると。

 

・特色:低価格の飲料・加工食品・日用品の小売りチェーン。首都圏地盤。仕入れと低コスト運営に特色

 

・配当:9円予想(2月)

 

・株主優待:無し

 

さて、この銘柄だが、昨年2018年7月のとある日にストップ高をつけている。

 

材料は特になく、明確な理由は分からなかった。

 

しいて言えば、その日は12日の木曜日。

 

翌日は「13日の金曜日」、そして「ジェーソン」とくれば・・・。

 

まさか・・・。

 

いや、そのまさかなのかもしれない。

 

株なんて、所詮そんなもん。

 

なぜ上がるかなんて、誰にも分からない。

 

分かっているのは、上がっているのであれば飛び乗って少しでもおこぼれをもらおうという人がたくさんいるということ。

 

こんな状況を、先人が残した、それらしい言葉で言うならば。

 

「相場のことは相場に聞け」

 

上がりそうだという相場の流れ(声)を受けて(聞いて)みんなが買い、下がりそうだという相場の流れ(声)を受けて(聞いて)みんなが売るということ。

 

ここで話を戻して。

 

実は、昨年の「7月13日の金曜日」というのは、普通の「13日の金曜日」ではなく、特別な「13日の金曜日」だった。

 

だからこそ、ただ上がっただけでなく、ストップ高まで到達したのかもしれない。

 

ちなみに、過去の「13日の金曜日」の中には、ジェーソン株が全く動かなかったり、下げた日もたくさんあった。

 

では、昨年は何が特別だったから、ストップ高になったのか?

 

答えは簡単。

 

「平成最後」だったから。

 

いや、言い方が少し違うかな。

 

「平成最後の13日の金曜日だからご祝儀を付けよう」と相場が言ったから。

 

そうであるならば。

 

相場はきっとこうも言うだろう。

 

「令和初の13日の金曜日にもご祝儀を付けよう」と。 

 

それでは、令和初の13日の金曜はいつなのかとカレンダーを見てみると・・。

 

まだ時間はある。

 

先回り買いだ!

 

ただし、出来高が異常に少ないので、毎日100株ずつゆっくり買っていこう。

 

もし、13日より前に大暴騰したら、迷わず売ればいい。

 

株なんて楽勝、楽勝。

 

と、もちろん上がるかどうかなんて分かるわけがない。

 

だって、知っているのは。

 

相場だけだから。

 

人工知能だかAIだか知らないが、そんなものでも理解できない、勝てないのが株式相場。

 

だからこそ、株はおもしろい。目いっぱい、株を楽しもう。