40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

 
 

「まだ売ってはだめよ!損切りになってもいいの?売らなければ負けは確定しないわ!」小悪魔は耳元でささやく

 

f:id:shoreblue:20190415215048p:plain

 

株損益概算(前日比)

ジョルダンは+3.3万。

 

なんか強い。

 

株式相場

注目は今日も無し。 

  

雑談

昨日の寄りで意を決して買ったある銘柄。

 

残念ながら、昨日は買値を一度も超えることなかった。

 

だから、今日に期待していた。

 

が。

 

今日の仕事後に株価を見たら、まさかの大幅安。

 

いわゆる大失敗の買いだ。

 

損切りになってしまうが、売るしかない。

 

完全に読みが外れたのだから、明日の寄りで売るしかない。

 

売り注文を出そうとした、クリックしようとしたまさにその瞬間。

 

やつがきた。

 

キュートな小悪魔だ。

 

彼女は耳元でささやく。

 

まだ売ってはだめよ!

 

損切りになってもいいの?

 

売ったら負け!

 

売らなきゃ負けは確定しないわ!

 

この銘柄には大口がいるから間違いない!

 

短期投資ではなく、長期投資に切り替えればいいじゃないの!

 

いわゆる「先延ばし」だ。

 

こんなことしていたら、最終的に大損切りになることが目に見えてる。

 

いや!

 

実はそうとも限らない!

 

この小悪魔のアドバイス、皮肉にもけっこうな確率で当たるのだ。

 

当たるというのは「売らなかったことにより大損切りをまぬがれて軽傷ですんだ」ということ。

 

小悪魔さん、ヤッルー⤴

 

って、この何年かの上昇相場に限ってのことだけどね!!

 

小悪魔のささやきに慣れきったところで、下落相場に変わったとしたら。

 

塩漬けからの大損切りの嵐。

 

下手したら退場だ。

 

なぜ悪魔と呼ばれるかはここにある。

 

悪魔に従って、売りの「先延ばし」を続けていたら、この世界で生き残ることはできない。