40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

信用取引をやらず現物取引のみで10年以上の40代サラリーマン投資家

 

損益概算(前日比)

優待系はほぼ変わらず。

 

短期用グッドコムアセットもほぼ変わらず。 

 

相場

とりあえずマザーズが耐えたのはよかった。注目は特になし。 

 

雑談

信用取引:現金や株式を担保として証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。最大預けた担保の評価額の約3.3倍まで株式の取引ができます。(楽天証券引用)

 

◇教科書通りの信用取引のメリット

・レバレッジ効果:手持ちの資金よりも大きな金額を動かせることができる。

 

・空売り(売りから取引を始めること)が可能:売ってから買い戻すことができるので、相場の下落局面でも収益を得ることができる。

 

・クロス取引を行い優待獲得が可能:空売りと現物買いを同タイミングで行うことにより、リスクなく優待を獲得することができる。(手数料も金利もかかる)

 

◇教科書通りの信用取引のデメリット

・手数料以外に金利がかかる。

 

・追証(おいしょう)が発生することがある。

 

 

◎私が考える信用取引のメリット

・レバレッジ効果により、うまくいけば大金を得ることができる。 

 

・レバレッジ効果により、株の醍醐味を味わうことができる。

 

・空売りにより、下落相場でも利益を出すことができる。

 

◎私が考える信用取引のデメリット

・持ち株(空売り)を抱えた状態で、取引時間外に思いも寄らぬことが起きた場合、損失は投資額全額どころか、それをはるかに上回り、とんでもない大損害になる可能性があること。

 

ちなみに、私がデイトレーダーであれば信用取引をやっている。なぜか。

 

その日中に全決済(全キャッシュ化)が可能だから

 

サラリーマンはその日のうちに決済できない。最低でもオーバーナイトで株を持つことになる。

 

それでは、取引時間外に起きる思いも寄らぬこととは。

 

・NY市場大暴落。

 

・持ち株倒産のニュース。

 

・空売りをしている持ち株の超好材料発表。

 

・自分や家族が突然倒れたら。

 

・何かの理由で何日も動けなくなったら。

  

・近くで天災が発生したら。

 

・売買取引ツールがウイルス感染してしまったら。

 

「いやいや、そんなこと言ってたら何もできないだろう」と考える人は、まさに信用取引はやらない方がいい。

 

「いやいや、投資資金全額を信用取引に使うわけではないし」と考える人は、本当に自分自身をしっかりコントロールできるかを今一度考えてから信用取引を始めた方がいい。

  

サラリーマンが仕事でクレームを起こさないためのリスク管理方法は、最大限の下準備。

 

サラリーマンが株式取引で大損しないためのリスク管理方法も、最大限の下準備。 

 

株式取引でいう最大限の下準備とは。

 

「信用取引をしないこと」