40代サラリーマンの優美なる株投資ブログ

40代サラリーマンがブログを始めたら何が見えてくるか

むらたくん きみはこれからも会社のために稼いでくれるだろう だが会社はそれよりも若手を求めている

 

損益概算(前日比)

優待系は+2.4万。

第一稀元素の上げが大きかった。とはいっても含み損たっぷりだが。

 

短期用パラカは+1.2万。

 

相場

方向感掴めない相場継続。とりあえずマザーズチャートが反発したので、明日も期待したい。 

 

雑談 

37歳、プロ野球の元ホームラン王がどこの球団からも声がかからず、事実上の引退に追い込まれた。

 

能力が衰えたからではない。ある球団関係者はこう言っている。

 

「獲得すれば、ある程度の活躍をしてくれるだろうが、将来を見据えると必要がない」

 

どこの球団も「実績よりも若手の育成優先」。もしくは、

 

風貌だけを見て清原を連想させる良くないイメージが付いていて、若手に悪い影響を与えてしまうだろうという噂。

 

下からは人望あるが上には反発するらしいという噂。

 

実際は全く異なるとしても、そんな噂が影響しているのかもしれない。

 

何が真実かなんて分からないが、分かっていることは本人が望んでいない結果になったということ。

 

サラリーマンにおきかえてみよう。

 

「君は能力高いから、これからも会社に利益をもたらしてくれる。それは間違いない。よく分かっている。ただ、それよりも会社は若手を獲りたい、育てたい。意味分かるよな?」

 

自分はもっと上の役職になれると思ってるかもしれないが、会社はどう考えている?

時代の流れはどうだ?

 

根も葉もない噂なんて、人事に影響することなんてない?

いや、山ほどある。

 

管理職が必要だと思ってるのは我々世代より上だけでは?

適切なマニュアルや人工知能があれば、管理職なんていらないんじゃ。


何色にも染まっていない、新鮮な考えができる若い人を会社は求めている。

 

40代・50代は本気で考える時期に来ている。万一の場合、家族を守るためにどうやって稼ぐかを。

  

重要なのは、そのときに備えて今の仕事をしながらも、どれだけ深く考え準備しておくかだけ。

 

「おれは今の仕事に昔も今も全力投球だ」というのが一番だめだ。